埋没毛の原因はムダ毛の自己処理に!意外と知らない脱毛するときの注意点

自己処理で脱毛していてある日、皮膚の下に埋もれた毛を発見してヒヤッ!としたことはありませんか?

実際、自己処理で脱毛している9割を超える女性が「カミソリ」や「毛抜き」を使ってムダ毛の処理を行っているそうです。安くて手軽に処理することができる便利なアイテムですが、自己処理のトラブルに悩んでいる方もいらっしゃるのではないでしょうか。ムダ毛処理のトラブルNo.1「埋没毛」。実は、カミソリや毛抜きによる自己処理が原因だったのです。

今回はムダ毛の自己処理で起こりやすい「埋没毛」の原因と対処法に迫ってみたいと思います。

ムダ毛の自己処理で起こりやすい肌トラブル

女性の9割を超える方が選択しているカミソリや毛抜きなどでのムダ毛の自己処理。お金もかからないし、気が付いた時にすぐ行えるので便利なアイテムではあるのですが、カミソリでの自己処理は肌への負担、ダメージが強く、長年続けてしまうと様々な肌トラブルを招きやすくなるのです。
中でも多いのが「埋没毛」です。埋没毛とは一体なんなのでしょうか。

埋没毛とは

maibotumou01[1]

埋没毛は、何らかの原因によって皮膚の下で毛が育ってしまうトラブルです。
埋没毛になると、黒いポツポツが目立ったり、皮膚の下でムダ毛が伸びることが刺激になり、酷い痒みが起こることもあります。
この埋没毛は放っておくとそのうち皮膚を破って表面に出てきますが、皮膚の下でムダ毛が伸びていきますから、剃り残しがあるように見えてしまうのです。

埋没毛のところが、毛嚢炎というニキビのような状態になってしまった時は、放置せずに皮膚科での受診をし、処置を受けることが望ましいです。

埋没毛の原因は自己処理にあった

5702555384414208[1]

文字通り埋もれてしまう埋没毛ができる大きな原因は、乾燥、肌荒れによるダメージで皮膚の角質が分厚くなってしまうことです。

肌の1番表面にある角質は、肌に潤いを保つフタ、内部に雑菌が入らないようにするためのバリア機能を持っています

肌が乾燥している状態、肌荒れの状態は、角質層がボロボロで、これ以上ダメージを大きくしない為にターンオーバーを遅くして、どんどん古い角質を溜めこんでいき肌を分厚くしているのです。

分厚くなってしまった角質が毛穴を塞いでしまっているため、新しく育ってきたムダ毛は皮膚の表面に出ることが出来ず、皮膚の下で育ってしまうのです。

この埋没毛の最大の原因となる乾燥、肌荒れを引き起こす1番の原因になるのが「自己処理」によるものなのです。みなさんが行っているムダ毛の自己処理ではどんな肌へのダメージがあるか、チェックして行きましょう。

自己処理による肌へのダメージ

自己処理方法1.カミソリ

ムダ毛処理で最も多いのは「カミソリ」です。ムダ毛を剃る際に、皮膚表面の角質まで剃り落としてしまっている状態なのです。
入浴のついで、入浴後にムダ毛の処理を行う方も多いと思いますが、お湯でふやけた状態の皮膚は剥がれやすくなっていたり、皮膚の裂け目から雑菌などが侵入して炎症を起こしてしまう場合もあるのです。

そんな肌の状態をカミソリで無理に剥がされてしまった角質では、肌を十分に守ることが出来なくなってしまいます。
カミソリで剃った後、乾燥した、赤み・かゆみが出たという経験あるのではないでしょうか?

自己処理方法2.毛抜き

シェービングによって毛の断面が目立ってしまうことがありますよね。そういった部分は毛抜きで処理される方も多くいらっしゃいます。

毛抜きは、抜け落ちる前の毛を無理ヤリ引っこ抜いているために、毛穴の周囲の皮膚が引っ張られて、毛根から血が出たり、炎症、化膿を起こしやすくします
毛抜きだけでなく、脱毛ワックスやテープも同じく無理に引っ張って抜く方法なので、使用方法や頻度によっては毛抜きよりも埋没毛ができやすくなる事もあります。

自己処理方法3.除毛クリーム・脱色剤

ムダ毛自体を剃ったり、無理やり抜いたりしない薬品の方法なら…と思いますが、除毛クリームや脱色剤は薬品を肌へ広げることで角質へのダメージが大きくなってしまいます。
使われている薬品は、ムダ毛を溶かしたり、脱色するための強いアルカリ性の薬品です。
アルカリ性はタンパク質を溶かす作用があり、わずかでもムダ毛と一緒に皮膚も溶かしてしまっているのです。

できてしまった埋没毛はどうしたら良い?

17[1]

埋没毛があると肌は汚く見えたり、ムダ毛が伸びているみたいに見えます。また埋没毛を見つけてしまうと気になってしまいますよね。
すぐに何とかしたいと毛抜きで無理にいじったり、刃物で皮膚を切ったりと行ってしまう人もいるようですが、逆効果にしかなりません!

自分から肌に大きなダメージを与えてしまう行為は、余計に埋没毛をできやすくしてしまうのです。さらに強引に肌を傷めることを繰り返すと、色素沈着が起こり、シミになったり、毛穴が目立つ原因にもなるのです。
ですから、すぐに何とかしたい気持ちは分かりますが、後々後悔をしないために正しい埋没毛のお手入れ方法を知っておきましょう。

埋没毛の対処法

c65944734f5de0547b21a4e46e4a7d87[1]

自己処理後は保湿ケアで埋没毛予防!

ムダ毛の処理を行った後にやるべきことはまず「保湿」です。市販のボディークリームなどでしっかりと保湿をしてあげましょう。乾燥する冬などだけではありません。季節を問わずおこなってください。

自己処理で肌に大きな負担を掛けた角質はボロボロ状態ですから、どんどん潤いが逃げて乾燥と肌荒れの原因になります。保湿をしっかり行って、肌が守られている状態を作ってあげると肌への負担は軽減することが出来ます
埋没毛を予防するための1番重要なケア方法です。

古い角質を除去してお肌を柔らかく

埋没毛ができてしまっている場合、無理やりほじくるのはNGですから、毛穴を塞いでしまっている分厚い角質を取り除いてあげましょう。
その方法は、ボディスクラブかピーリングがおススメです。
スクラブやピーリングを行った後は、肌が乾燥しやすくなるので保湿クリームを塗ることをお忘れなく!

入浴後に尿素クリームを保湿代わりに使用するのもおススメです。尿素は古い角質を溶かし、肌を柔らかくする働きがあります。毛穴を覆ってしまっている皮膚を優しく除去してくれます。

自己処理するなら電気シェーバーで

日頃のムダ毛処理の方法を見直してみませんか?
電気シェーバーを使うようにすることです。電気シェーバーは、刃が肌に直接触れないようになっています。そのため、埋没毛の原因となる肌への負担が1番少ないムダ毛の自己処理方法になります。
肌への負担が少ない分、ムダ毛の伸びが早く目立つという難点もありますが、肌の露出がすくない時期にだけでも電気シェーバーを使ったり、なるべく肌に負担をかけないように心がけてみるのもいかがでしょうか。

脱毛サロンで根本から解決

美容クリニックの医療レーザー、脱毛サロンの美容脱毛は、脱毛の施術を受ければ自己処理がほぼ必要なくなるため、埋没毛を根本的に無くすことができます。
自己処理が必要ない程度の脱毛が完了するまでには、1年ほど通う必要がありますが、施術を受けて行くごとに徐々にムダ毛が薄くなって、自己処理の回数が減っていきます。
埋没毛の原因となる肌への負担はどんどん軽減されていきます。
私自身、ムダ毛を自己処理していた経験があり、埋没毛には何度も悩まされたことがあります。肌の保湿はもちろん欠かせませんが、美肌のためにも。それだけではなく、やはり自己処理や自己処理による肌トラブルから解放されたいということで、脱毛サロンに通いました。

何年も肌に負担、ダメージの大きい処理を行っているとセルフケアにも限界がありますが、症状が軽いうちに処理方法を改善して、セルフケアを行うことで埋没毛に悩まないツルツルなお肌へと導くこともできます。
まずは、みなさんそれぞれのムダ毛の自己処理方法を一度見直し、お手入れの改善をしてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク


関連記事

12669100_10153790957986011_376205169_o

元ボーボー女。脱毛ブログはじめました。

元ボーボー女の脱毛ブログを見てくださりありがとうございます。 何を隠そう、私は思春期の

記事を読む

3a5dc_889_f49549a887e72e88c77a940318bdd8ee[1]

アンダーヘアを剃ったらブツブツできちゃった!毛嚢炎の対処法は?

最近人気のハイジニーナ(パイパン)にしようと思って、腕やワキのようにカミソリや毛抜きで自己処理をおこ

記事を読む

shutterstock_131770979[1]

脱毛期間中のムダ毛の自己処理はどうしてる?肌をキレイに保つポイント

脱毛が始まってから完了するまで1年~数年かかります。 脱毛サロンの脱毛に通っている間は、もちろんあ

記事を読む

shutterstock_1890450621

【脱毛のウソ・ホント】毛は剃ると濃くなる?NGな剃り方と正しい剃り方

「毛は剃ると濃くなる」と言われたり、聞いたことがある方も多いでしょう。 果たして毛は剃ると濃くなる

記事を読む

Hygiene skin body care concept. Hair removal. Closeup woman shaving legs with electric shaver depilator in bathroom

ノーノーヘアvsケノン、家庭用脱毛器を比較してみた

今回は、『ノーノーヘアを買おうかどうか迷っているのですが、効果はありますか?』というご質問を頂いたの

記事を読む

woman-dropped-fail-failure

脱毛が面倒だと思っているあなたが読んでおくべき失敗談

多くの女性がムダ毛の自己処理や脱毛を行っていますが、 脱毛で失敗したことありませんか? 私も何度

記事を読む

E1426762967161_1[1]

毛周期って何?サロンで脱毛する前に知っておくべき毛サイクル

脱毛に関することを調べていたりすると、「毛周期」とよく聞きませんか?なんとなくイメージはわくけれど、

記事を読む

koltuk-alti-2[1]

脇の黒ずみとブツブツ…ワキのムダ毛自己処理が原因で起きるトラブルの改善方法とは?

脇毛の処理を自己処理で行っている皆さん。 アナタの脇の皮膚、黒ずんだり、ぶつぶつになっていませんか

記事を読む

1312862-ed3b71

パイナップル豆乳ローションで脱毛はできるの?こんな方におすすめ

脱毛、除毛をするためには脱毛サロンやクリニック、家庭用脱毛器などがありますが、自分で手軽に脱毛をした

記事を読む

unnamed

脇の毛穴がボツボツ・・・脇の毛穴トラブルの原因と改善方法

脇の自己処理をし続けていると、毛穴がボツボツ盛り上がってきたり、 毛穴が開いてきたり目立ってきてし

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑